2007年07月30日

タップタイト 適正下穴寸法一覧(参考)

タップタイト 適正下穴寸法一覧(参考)
下記数値は参考値です。ご使用環境によって数値は異なりますので、必ず試験を行ってからご使用下さい。

Sタイト 適正下穴条件 (単位:mm)
はめ合い(板の厚さ)
0.8 1.0 1.2 1.6 2.0 2.6 3.2 4.0
呼び径 2 1.76 1.78 1.80 1.83 1.85
2.6 2.33 2.34 2.36 2.38 2.41 2.43 2.46
3 2.70 2.72 2.74 2.76 2.78 2.81 2.86 2.86
4 3.61 3.64 3.67 3.71 3.75 3.78 3.81 3.83
上記の下穴径は鋼板についての参考値ですが、アルミ・亜鉛ダイカスト等については、この値を基準にし、やや大きい方にご選定下さい。
※公差は一般的に±0.03を基準と致します。

Bタイト 適正下穴条件(鉄) (単位:mm)
はめ合い(板の厚さ)
0.6 0.8 1.0 1.2 1.6 2.0 2.6 3.2
呼び径 2 1.54 1.63 1.67 1.70 1.73 1.75 1.79
2.6 2.04 2.07 2.17 2.22 2.26 2.32 2.34 2.38
3 2.34 2.40 2.44 2.56 2.62 2.68 2.72 2.75
4 3.12 3.22 3.27 3.33 3.51 3.55 3.63 3.67
上記の下穴径は鋼板についての参考値ですが、アルミ・亜鉛ダイカスト等については、この値を基準にし、やや大きい方にご選定下さい。
※公差は一般的に±0.03を基準と致します。

Bタイト 適正下穴条件(樹脂) (単位:mm)
はめ合い(呼び径の太さに対する板の厚さ)
1.5倍 2.倍 2.5倍 3倍 3.5倍 4倍
呼び径 2 1.65 1.68 1.71 1.73 1.75 1.77
2.6 2.15 2.19 2.21 2.24 2.26 2.29
3 2.49 2.51 2.54 2.59 2.65 2.68
4 3.39 3.43 3.47 3.54 3.58 3.62
対樹脂の場合、一般的にはめ合い長さ2d以上を必要とします。
※公差は一般的に±0.03を基準と致します。

Bタイト 適正下穴条件(ABS) (単位:mm)
はめ合い(呼び径の太さに対する板の厚さ)
2倍未満 2倍以上
呼び径 2 1.70 1.75
2.6 2.20 2.25
3 2.50 2.60
4 3.43 3.55
※Pタイトは、プラスチック専用ねじですので、鋼板・SUS板・黄銅版・アルミダイキャスト等には使用できません。

Pタイト 適正下穴条件(ABS) (単位:mm)
はめ合い(呼び径の太さに対する板の厚さ)
2倍未満 2倍以上
呼び径 2 1.70 1.75
2.6 2.20 2.25
3 2.50 2.60
4 3.44 3.55
※Pタイトは、プラスチック専用ねじですので、鋼板・SUS板・黄銅版・アルミダイキャスト等には使用できません。

posted by dino at 21:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年02月15日

「国産車VS輸入車」特集

ただいま「国産車VS輸入車」特集を実施中!
ただいま「国産車VS輸入車」特集を実施中!わたしが選ぶなら「トヨタ」あなたはどっち派?投稿頂いた方全員にキャッシュバック!中古車情報はカーセンサー.net

posted by dino at 10:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年12月20日

重たいアンプの設計中です。

4機種ほどシリーズ物のアンプを設計中ですが、一番重いもので20kg以上になります。

50cmの高さから梱包落下させると既存のカートンでは持ちませんでした。

3/4はトランスの重量で、構造的にも弱いところがあったので、設計変更中です。

コストとの兼ね合いなので、構造的には弱い(安い)方から攻めていってたのはあるのですが、予想よりきつい印象です。

試作版金を発注しましたが1週間程度納期がかかるので、図面の訂正などしています。
posted by dino at 10:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年08月10日

初めてのトラックバックです。

トラックバックって受けるばかりでしたことがなかったのですが、初トラックバックに挑戦です。

トラックバックを練習してもいいという記事があったもので。

さあトラックバックします・・・トラックバックできたー!
posted by dino at 09:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年07月24日

仕事の泥沼から抜け出すためにできること

itmediaに気になる記事が掲載されましたので転記します。

メンタルヘルスの問題は我が社でも結構な人数が出ておりまして、身につまされます。



ストレスと上手に付き合うための心の健康:
第14回 仕事の泥沼から抜け出すためにできること
1人で仕事を抱え込み泥沼にはまってしまう前に、身近な誰かに電子メールで相談してみよう。書き方のポイントも紹介します。
2006年07月24日 12時47分 更新
ビジネスパーソンが常に向き合わなくてはいけない“ストレス”。ピースマインドのカウンセラーが、毎回関連した話題を分かりやすくお届けする。危険信号を見逃さず、常に心の健康を維持していこう。



泥沼にはまってしまったKさん
 とあるプロジェクトに従事するKさんは、「自分の思うように仕事が進まない」と強く感じていました。顧客の要望が頻繁に変更され、要求項目もどんどん追加されるので、そのたびに作業の変更が発生するのです。

 プロジェクトのスタート時点ではメンバーは3人でしたが、1カ月が過ぎたところで1人が心身の不調を訴えて出勤してこなくなりました。その人の仕事はすべてKさんが引き受けさせられています。上司に窮状を訴えても、「納期は守れ」の一点張り。「自分だって戦線離脱したい気持ちだ」とKさんは思います。

 Kさんはこのことを誰かに相談したかったのですが、タイミングがつかめずにいました。周囲は皆忙しそうで、時間を取ってもらうのも気が引けます。

 それに、相談することで、相手から自分の力不足を指摘されないかと思うと心配でした。今後の自分の仕事の評価、査定に影響があるのではという不安もあります。Kさんの中には「自分が他人の力を借りなければ仕事が遂行できないような、能力のない人間だと認めたくない」という思いがありました。

 「自分なら頑張れるはずだ」。1人で抱えているうちに、気付くと仕事の泥沼に胸まで漬かって、身動きが取れない状況になってしまっていました。

 今回は、Kさんがはまってしまったような泥沼に近づかないための予防策として、「身近な誰かに相談する」ことを検討してみましょう。

身近な人に電子メールで相談してみよう
 読売新聞社が2006年5月に実施した「人間関係」に関する全国世論調査の結果が、6月12日の紙面に掲載されていました。

「人付き合いや人間関係が希薄になりつつあると思うか」との質問に

20歳代 72.8%(前回59.2% 13.6ポイント増)
30歳代 80.9%(前回73.5% 7.4ポイント増)
40歳代 84.0%(前回77.1% 6.9ポイント増)
(カッコ内は前回2000年の調査時の結果および今回との増減値)
 との結果が出ています。人間関係の希薄化を感じる20代が増加していることが分かります。

 私にとって興味深かったのが、「職場ではどんな付き合いが望ましいか」という質問への回答でした。「私的なことも相談し合ったり、休日も遊んだりする付き合い」を選んだ人が全体(20歳代〜70歳以上)では約20%でしたが、20歳代で約28%、30歳代で約22%とほかの年代よりも高い結果だったのです。また「人生を豊かにするために、多くの人と信頼し合える人間関係を持つことが必要だと思うか」との質問には、全体で約95%の人が必要と答えましたが、20歳代では約99%に上っています。若い年代ほど、職場の人と相談し合えること、周囲と信頼関係を持つことを望んでいるといえます。

 そこで私は「あなたの身近な誰かを信頼して相談してみましょう」と提案します。方法として電子メールを活用することを考えてみます。

 今回の全国調査には「携帯電話メールでのコミュニケーションが増えると、人付き合いや人間関係にどのような影響があると思うか」という質問もあり、プラス面とマイナス面に分けた回答が掲載されていました。

プラス面 比率
コミュニケーションの回数が増え、人間関係が深まる 18.2%
互いに遠慮が少なくなるので、対人関係が積極的になる 8.7%
言葉を選んでやりとりするので、思いやりが深まる 10.1%
けんかをしたときに、謝るきっかけを作れる 13.4%





マイナス面 比率
都合のいい時だけ応対すればいいので、人間関係が表面的になる 28.8%
互いの表情が読みとれないので、誤解が多くなる 34.3%
自分の感情や思いを面と向かって伝えられなくなる 25.4%
常に誰かとつながっていないと不安で仕方なくなる 11.9%


 この結果は携帯電話メールに関するものですが、一部を参考にして仕事上の相談をするときのことを考えてみたいと思います。

相談の相手選びは距離感を考えて
 あなたが相談を持ち掛けるとしたら、相手選びは重要です。ポイントになるのは問題からの距離です。あなたの悩みからあまり距離の離れた人では、問題解決に力を借りることができません。逆に、距離が近すぎる人に相談するときは、感情をそのままぶつけて「苦情申し立て」になってしまい、人間関係がギクシャクして仕事がしづらくならないように注意が必要です。

 ただ愚痴を聞いてほしいときは、あえて距離の遠い人を選ぶことも1つの方法です。

 問題から程よい距離があり、かつ相談したら解決への何らかの糸口が見つかるかもしれない、そうあなたが期待できる人を見つけましょう。いま見つからなくても、そこであきらめないでください。自分の中で問題を整理するためにも、まずは相談のための文章を作ってみることをお勧めします。

相談の電子メールを作成する
 自分が仕事上使用しているPCから、相手の仕事上の電子メールアドレスへ送信する相談の文章を考えてみましょう。

 文章を作るときは、相手を不快な気持ちにさせない配慮ある書き方を心掛けること。これは人と接するときの基本姿勢ですね。

1.自分が誰であるか、内容がどんなものかを明記する
 件名は一目見て内容が分かるものにしましょう。

 例)A社「引き継ぎ情報の不足」について

   Bプロジェクト進ちょく状況について

 署名・社名(常駐先・社名)・部署名・連絡先電話番号などの必要事項、日付を忘れずに記入しましょう。



2.書き出しに相手を気遣う言葉を入れる
 例)××様

 ○○の田中です。

 先日のミーティングではお疲れさまでした。突然のことで失礼かとは思いましたが、今日はご相談したいことがありメールいたしました。



3.普段その人と話すときの言葉遣いで文章を組み立てる
 職場の上司や先輩が相談相手の場合、いんぎんになりすぎないように注意することで自然な流れができます。



4.自分の言葉で、簡潔に要点を押さえた文章にする
 複数の相談を整理せずに書きつづった文章では、受け取った人が「どれに答えればよいのか?」と迷ってしまいます。相談の要点を明確に伝えるためには、

下書き1 問題となる出来事を書き並べる

下書き2 その出来事から、問題となっている部分を書き出す

下書き3 問題の先に予測されるリスクを書き出す

 1回の相談で取り上げる問題はできれば1つ、多くても関連の問題を含めて3つまでにします。緊急度を5段階評価して、どこまでを相談するか検討しましょう。

 そこまで考えたところでもう一度、相談する相手がその人でいいかをチェックします。自分の人選に間違いはないと感じたら、下書き1、2、3をベースに要点をまとめた本文を作成しましょう。

 1行は30〜40字程度、文意の区切りには空行を入れます。1段落は6〜7行にまとめます。全体を短くまとめることで、余分ないい回しやいい訳が削られて、シンプルで分かりやすい出来上がりになると思います。



5.問題を起こしている当人であっても、特定の人を名指ししない
 いずれ話の流れで個人名が出るにしろ、最初から名指ししないことで告げ口をしている印象が薄らぎます。



6.誤解を与えるおそれのあるあいまいな言葉を避ける
 ほかに解釈のしようがない明確な表現を用いることで、誤解を避けることができます。

 あいまいな例)Aの件は、B部長に伝えていただけるとありがたいのですが、私が伝えた方がよいでしょうか。

明確な例)Aの件は、C課長よりB部長にお伝えいただきたく、お願いいたします。



7.反省すべき点は反省し、言葉で伝える
 自分にも責任の一端があると感じるとき、それを認めることには勇気がいると思います。でも認めたからといって、あなたの人間性が否定されるわけではありません。

 例)この件に関しては、私の確認の遅れが現状の停滞を起こしている要因の1つであると認識しています。申し訳ありません。今後は十分注意いたします。



8.どのような返事を期待しているのかを明記する
 例)活用できるリソースについての情報がほしい。

   人材の補充について相談に乗ってほしい。

   このトラブルについて、派遣先の誰に相談するのが適切かアドバイスがほしい。



9.相手への配慮を忘れない
 相手は、たくさんの電子メールの中の1通としてあなたの電子メールを読むことになるのです。相手の状況を配慮する言葉を入れましょう。

 例)お忙しいこととは思いますが、ご検討ください。

   お忙しいと思いますので、この件に関しては、次回ミーティングのときに相談に乗っていただきたいと思っています。この件は、次回ミーティングの議題にする予定です。××に本社に参りますので、そのときにお時間をいただけますでしょうか。

 相手は、あなたが期待するほど早く返信してくれるとは限りません。そのことを考慮すれば、緊急性のある相談事は電子メールによる相談には適さないかもしれません。しかし、電子メールで用件を事前に伝えておくことで、相談相手に資料や情報収集の時間的猶予を与えることになりますので、有効なアドバイスをもらえる可能性が高まります。



相談は、あなたの居場所を知らせるたいまつの明かり
 相談をすることで、いまあなたがいる場所を「身近な誰か」に知ってもらうことができます。それは日報や月報といった日常の報告以上に、あなたの現状や窮状の理解者を早めに増やすことにつながります。

 それが、沼地に足を踏み入れている自分自身の居場所をも照らしてくれる明かりになるのです。

 仕事の泥沼にはまってしまわないために、困ったことは1人で抱え込まずに誰かに相談してみましょう。タイミングがつかめないなら、まずは電子メールで伝えましょう。冒頭のKさんの例のようにならないように、早めに状況を知らせることが重要です。

 ここでは「あなたの身近な誰か」を相談相手に選びましたが、インターネットを通して匿名であらゆる悩みを専門家に気軽に相談できる場もあります。ピースマインドが提供しているオンラインカウンセリングは、ビジネスの問題解決的な相談だけでなく、職場の人間関係やメンタルへルス全般、夫婦や家族の問題など、広範囲の相談に専門家が対応しています(SSL暗号化通信により個人のプライバシーを保護しています)。「誰かに相談しよう」と思ったとき、選択肢に加えてみてください。

参考文献など 読売新聞社「人間関係」に関する全国世論調査 『季刊 こころケア 2005
posted by dino at 17:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年07月20日

ビジネスのアイデアを考えるのって面白い

ビジネスのアイデアを考えるのって面白いですね。

サラリーマンで平社員なんで、今は関係ないんですが、経営者は楽しんでるのかなー?

毎年目標どおりにはいっていないみたいだけど、それでも可もなく、不可もなく程度はうまく行っているようです。


規模が大きくなると、小回りが利かなくなるし、頭で考えたことが指先まで伝わらなくなるよね。。。
posted by dino at 17:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年07月18日

3連休が明けましたね

子会社だと祝日の替わりに土曜日出勤になったりしちゃうので、土曜日が確実に休みだとうれしいです。

以前は当たり前だったことも、辞令一枚で状況一変しちゃいますからね・・・。

そんなこんなでブログも休日は休んでしまいました。


今日は以前発売済みの商品の取説校正。

新商品の部品番号取得など、細かいことをやりました。


組合関係の集まりがあります。
posted by dino at 17:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年07月14日

試験結果が出ました

試験の結果10万回にも満たない段階でスイッチを保持する側のケースのピンが折れてしまいました。

しかしながら、市場ではスイッチのヒンジ部分が折れているので、今回の試験の様な原因ではないことが判ります。


今のところ、原因がわかりません。

欧州人がどのようなスイッチの押し方をしているのか、見てみたいのですが。

またはソルベントクラックなども考えられます。


材料の解析などは結構な費用(20-30万円くらいでしょうか)もかかりますし、とりあえずは、施して悪くはならない対策をできるだけするような方法になるかもしれません。
posted by dino at 17:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年07月13日

スイッチの試験開始

今日は数年前の設計した機種でスイッチが折れるとのクレームがあるので、検証の試験を開始しました。


実は1年以上前にも同じ件で試験を行ったのですが、そのときはいくら試験をかけても折れることはなく、問題なしと判断していました。

でもドイツの担当者は交換したスイッチを50個くらい持っているらしく、市場ではそれなりに折れているようなのです。

原因のひとつにスイッチを押してからの電気的反応が遅く、何度も強く押され散る可能性が高いこと。

横長のスイッチなので端を押されると変に力がかかる可能性があることなどが考えられます。

したがって以前より強い力でスイッチの端を押すようにセッティングしました。

この状態で22万回以上スイッチを押す試験を行います。

時々確認に行くのがめんどうですが・・・(笑)
posted by dino at 22:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年07月11日

手直しした商品の再入庫をしました。

商品自体は昨日仕分けしてパレットに積んでいたので、ハンドリフトで出荷ターミナルまで運んでいきました。

ここまではたいした作業じゃなかったんですが、余剰パレットの片づけが大変でした。

ハンドリフトで運んだ後積み上げる作業の重いこと重いこと。

一気に汗が噴出しました。

でも、たまにはいいかも。

もう少し、運動したくなりました。
posted by dino at 15:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年07月10日

手直し品の出荷をします。

手直し品の集荷をするんですが、手配とかも開発でしないといけないのは会社としてどうなん?って感じです。


あとはどうでも良いような、(いちおうやらないといけない)仕事をしています。

posted by dino at 14:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年07月09日

SEESAAは反応が遅いですね

ブログを書いていると保存や更新のたびに待たされるので、ストレスになります。

ほかの無料ブログってどうなんでしょう?


今日は娘を散歩がてら、ディスカウントショップのJAPANへ連れて行きました。

体の何倍もあるカートを押しながら、お手伝いしてくれました。

途中大型犬が店内に入ってきてちょっとびっくり!!

一緒においしいお菓子を選びました。
posted by dino at 19:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年07月08日

今日は天王寺動物園に行ってきました

嫁と2歳の娘をベビーカーに乗せて電車で行ってきました。

バリアフリーじゃないとこが多くて疲れました。

動物が見にくいところが多かったのが残念。

活動的なトラが見れたのと、チンパンジーが窓際まで何度もやってきてくれたのと、かばが水槽の中から見れたのが良かったです。


新世界通りのお好みやのモダン焼きはうまかったです。
いがいとまともなお好み焼きやってないよね?


そのあとに行った、梅田のスポーツ用品店はしょうもなかったなー。
posted by dino at 20:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年07月07日

今日は以前いた工場の後輩の指導をしました

内容はたいしたことないんですが、どこも人不足で聞く人がいないのか、特別頼りにされているのか・・・。

たくさんの問い合わせをいただきました。

あと去年から引きずっている仕事をコツコツ片付けました。


5月から異動したので、こっちの仕事はあまりたいしたことしていません。

これでいいのか???(個人的にはいいけど、会社としては?)
posted by dino at 22:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年07月06日

今日も朝から夕方まで商品の手直しでした

立ちっぱなしで足が疲れるんだけど、こんな作業毎日している工場の皆様はほんとご苦労様です。


50台弱ぐらいてなおししたかなー。


今日も「いい運動になった」って感じです。

明日はありません。

が、そのうち出荷分の手直しのため、全国行脚の旅に出る可能性があるので、ちょっと楽しみにしています。


posted by dino at 16:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年07月05日

今日は商品の手直しをしました。

今日は昼から商品の手直しで、立ちっぱなしで作業してました。

簡単に言うとリコールになるので、とりあえず在庫分を手直ししているわけです。

ソフト上の問題なので、開梱して、ソフトをアップデートして、動作確認して再梱包みたいな感じです。

慣れてきたら1台10分ほどなので、100台強も3人でやってるので、そんなにはかからなそうです。



他の仕事が多かったらあせるけど、今はそれほどでもないので、「いい運動になった」って感じです。

明日もがんばろう!!!

ビバッ!手直し!!!
posted by dino at 17:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年07月04日

取説の原稿を書いています。

今年中には新発売する商品の取説の原稿を書いています。

それとは別に発売したばかりの商品の取説の修正原稿も提出しました。

別に取説作る専門家ではないので、原稿を書くだけですが。

図とかもあるのでその辺は腕の見せ所ということになります。


しかし、クーラーききすぎっ!

省エネしてよって感じです。
posted by dino at 15:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年07月03日

取説を作っています。

自分で担当した商品ではないので、自信がないところが多いんですよねー。

担当者に確認しながらやるんですが、取説を依頼しているグループから問い合わせがあると目が泳いじゃいます。

posted by dino at 15:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年07月02日

日曜日はいいですね。

家族でびっくりドンキーにハンバーグを食べに行ってきました。

寒くて少し体調を崩しましたが、少し寝たら治りました。

Google サイトマップについて知らべたかったのですが、よくわかりませんでした。


ちょっとつまづくと仕事って進まなくなるんですよね。

↑これ重要です。
posted by dino at 20:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年07月01日

背中が痛いです

朝起きたら背中の肩の辺りが痛くて、何もする気が起きませんでした。

漫画(ボガボンド)とか映画(ダヴィンチコード)など干渉しながら転寝してました。

(ボガボンド)★★★★★
(ダヴィンチコード)★★★

って評価です。

ねたばれは一切なしなので細かいことは書きません。

ボガボンド呼んでください。

posted by dino at 20:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年06月30日

花金ですよ!

花金ですよ!。。。って漢字これでいいんでしょうか?

金曜日は週一回の課内ミーティング(2時間くらい)があるので、実作業時間が取れません。

掃除も少しする時間取られます。


でも逆に見れば楽な日なのかも。


取説原稿作ってます。



posted by dino at 13:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年06月29日

クレームの件その後

台湾で代替部品探すか、メーカーに改善してもらうか、日本製使ってもらうかを工場に依頼しました。

もちろん他の仕事も平行して進めてます。
実設計はしていませんが・・・。

設計者らしい仕事じゃないかもしれないけど、結構大企業とかってこんな感じで仕事してるのかなーって気もします。

ニューモデルマガジンXとか見てると、実作業はトヨタの社員は外注に丸投げばっかりだって書いてました。

TVで見たソニーもそんな感じが伝わってきましたね。

もちろんうちはそんなには、大企業ではありませんってことですが。
posted by dino at 17:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年06月28日

端子台割れました

昨日受付のクレームですが、端子台のサイドバリアがネジを締めただけで割れると言うことでしたが・・・割れました。

M4のネジを使ってるのでトルクドライバーにて16kgf/cmで締め付けると、パキパキ見事に折れてくれました。

互換品のフジコン(日本製)は折れませんでした。

さすが台湾製・・・。

posted by dino at 17:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年06月27日

クレームが入りました。

端子台のサイドバリアがネジを締めただけで割れるんですと・・・。

担当した商品じゃないんですが、メンテナンス部署なので現品確認に行って来ました。

確かに割れてました。

よく割れるんですって。


2年前にも問題にしたんだけど、当時の担当者は解決できなかったようです。

代替部品がろくなものがなくって、仕方なくそのままになっているようです。

明日じっくり確認する予定です。
posted by dino at 10:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年06月26日

発売承認7

1週間の始まり月曜日ですね。

はりきっていきましょう!


発売承認ネタも長くなりましたので、その他の指摘まとめてお伝えします。

・出荷検査で動作の確認が行われていない。

・シックハウスについての調査ができていない。

・基板上に半田ボールがある。

・安全アースとして使用していない部分に安全アース記号がある。

・電源トランス構造チェック(トランスを分解して絶縁距離の確認)が確認されていない。

・・・ってな感じです。

一つの電気製品の発売時にこれだけの問題が指摘されるわけですが、多いですか?少ないですか?

それまでの経緯がわからないと多いとも、少ないとも取れると思いますが、うちの会社の場合としては多いと認識しないけないと思います。

なんでそういうことになるかというと、今回の場合は外注に設計生産を委託していたのと、マイナーチェンジということで甘えがあったのだと思います。

またその分人員も裂いていませんから。

でも、それじゃいけませんよね。。。

この話はまた会社全体の体制や、個人的な行き方にもかかわってくるので、収集が付かなくなります。



ということで、今日はこの辺で。


posted by dino at 09:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年06月25日

今日は会社ネタお休みです

毎週日曜日は今日は会社ネタお休みです。




って訳ではありません。
偶然です。


大きなトピックは何回にも分けて書きますが、その日その日のトピックも書いていきたいと考えています。

今は直接担当ではない商品の取説原稿作成の仕事をしています。

私の本業は機構設計(筐体(箱)の設計)なんですが、最近ほとんど設計より手続きやお手伝いが多くなっています。

企画とか手続きをどんどん回して商品をたくさん発売するのが仕事って感じですね。

一人で膨大な数をこなすので、かなり色々な経験をします。

綺麗に言えば経験ですが、単に便利屋みたいになってますね。ハイ。




伏線です。
posted by dino at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年06月24日

発泡スチロール削減

うちの会社では新規商品では原則、梱包材料に発泡スチロールは使わないことになっています。

今回は外注で生産品なので、思いっきり発泡スチロールが使われていました。

でも普通に使われてるよね。


原料が違う物もありますけど、昔からのも使われています。

どうも、昔通産省から有害物質指定を受けた発泡スチロールですが、その後業界団体からの抗議で、有害物質指定を免れたようです。

発泡スチロールが完全に無害かどうか、本当のところは良くわかりません。
しかし最初の通達で社内ルールができて、その後のメンテナンスがないためにこのようなことになったようです。

決めたはいいけど、メンテできなくって自分の首を絞めていることって多くないですか?
posted by dino at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年06月23日

発売承認6

指摘5

MTBFが算出できていない。


MTBFってのは、機器が故障するまでの時間の平均値で、使ってる部品から一定の式で予測時間を出します。

目標「MTBFが6年」とか8年だとか決めるんだけど、計算上そんなにもつかなー?ってくらい長い場合が多いです。

計算は・・・忘れてただけですね。
はい。大丈夫です。
posted by dino at 13:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年06月22日

赤目とは・・・

昨日の記事で「赤目」ってのが出てきましたが、あまりにも専門用語なので補足します。

赤目とは・・・

撮影した写真で、目の瞳孔が赤く写っていること。赤目現象ともいう。







ではありません。

いわゆる半田の濡れ不足ってやつで、基本的には不良なんだと思います。
メタルマスクの穴を大きくしてやればいいんですが、そうすると別の弊害も考えられるので、基板一枚とってもものすごいノウハウの集大成だったりします。

適当にいける場合もあるんだろうけどね。


最近はメタルマスクの限界を超える画期的なクリーム半田印刷マスク「Pキューブマスク」ってのもあるらしいです。

プラスチックのマスクなので開口コストが安いらしいのですが、耐久性はどうなんだろう???
posted by dino at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年06月21日

発売承認5

指摘5

基板のリフロー面に赤目が出ている。


今回はグループ会社以外の外注で製作してもらってるのでそのこと自体が問題かどうかわかりませんが、社内的にはNGな内容なので、確認が必要ってことです。

鉛フリー半田への移行は世界的に大きな問題で、何年間も研究がされてきているのですが、うちの対応はRoHSの期限ぎりぎりでなんとか間に合わせたって印象です。

今回の外注さんではメタルマスクを小さめにとるのが昔からのやり方だそうで、確かに非常にきれいに上がってました。

この辺は専門ではないんですが、もうちょっと調べてみます。
posted by dino at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年06月20日

発売承認4

指摘4

仕様図の記述に間違いがある。

仕様図ってのはお客さんが購入前に機器の仕様を確認できるスペックシートです。

電気的な仕様とか外観図なんかが記載されています。

これの外観図の表示で図面と現物が不一致な部分があったわけです。

些細なことですが、お客さんが官公庁だった場合など、図面どおりに現物を修正させられる場合があります。おそろしやー・・・。

ほんと役所って変なとこ多いですよ。

私は営業経験もあるので、いろいろいいたいこともありますが・・・。

その辺はまたの機会に・・・。
posted by dino at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年06月19日

発売承認3

指摘2

取扱説明書の記載に間違い発見!

新人のO君に取説を見ながら危機のチェックをしてもらってたんだけど・・。

後で確認したら、指摘のところチェックしてるやん!!!

機器のチェックであって取説のチェックとは思わなかったそうな。

ちゃんちゃん。

ま、仕方ないですね。
posted by dino at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年06月18日

今日はお休みです

土日はお休みですが、今日は設計とは違うお話ということで。


サラリーマンをしていると、平日遅くまで残業したり、週休2日というのは名ばかりで休日出勤で実質週休1日の生活をしている人も多いのではないでしょうか?

私もそんな時期がありましたが、今は極力そうならないようにしています。

目標は朝晩2歳になる娘と一緒に食事することです。

完全にはできていませんが、かなり目標を達成しています。

土日のAMは遊び相手になってやろうと思ってます。

いつまで続くやら判りませんが、本当にそうしたいと思っているので続けていきたいです。


そんな風に考えるきっかけになったことがあるのですが、それはまたおいおいと・・・。
posted by dino at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年06月17日

発売承認2

指摘1

リアパネルのシルクが剥がれる。


有識者の一人がセロテープをパネルに貼り付け、一気にベリッて感じではがしました。

なんとテープにはシルクの文字が張り付き、リアパネルの表示が剥がれていました・・・。

リアパネルが梨地(シボがうってるような)塗装だったので、シルク印刷が乗りにくかったのでしょう。

リアパネルの作り直しになりました。

ああっ!工場では50台も組み立ててるのにぃ・・・。

これが最大の問題点でした。

他にもたくさんあるので続きはまた明日。
posted by dino at 14:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年06月16日

発売承認がありました

発売に際して有識者が集まっていただき、問題点がないか最終チェックが入ります。

発売前のセレモニーですね。

それまでに何度かチェックを受けているので、通ることが前提ですが、すんなり通ることは稀で、なんやかんやと条件をつけられます。

とはいえ、いい加減にやっていると差し戻しになることもあります。

今回は首の皮一枚のところといった感じで、多数のご指摘を受けてしましました。

・・・つづきはまた明日。


posted by dino at 17:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年06月15日

設計者ブログ始まります。

電機メーカー(東証一部上場企業)の現役設計者が日々の気付きを綴ります。

設計手法、注意点、失敗談など気がついたことを書き留めますので、同業者、設計者にあこがれのある学生さんなど参考にしてください。

内部事情など、なんとなく雰囲気が判るかも!

ってことで、筆者のリアル現状に連動しますので、明日商品の発売審査があります。

最初から濃い内容になりそうですが、よろしくおねがいします。
posted by dino at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。